今週のトピック

「変わり行く街並」2017年06月11日

テモテへの手紙第2 4章2節(抜粋)

「みことばを宣べ伝えなさい。
時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。」」

設立記念礼拝に向け、教会の方々と協力し、ともしび通信を地域の家々に配布しています。その際に、以前に配布した時の記憶とは全く違う景色になっている住宅地があって大変驚かされることがあります。大型マンションができていたり、リフォームされた家々が並んでいたり、空き地ばかりになっているところも目に付いたりします。

そういえばアルバイトで通勤しているJR横浜駅の駅ビル・リニューアル工事も約2年間で見違える変化がありました。初めは更地のような状態でしたが、今では地上10Fより高いビルが外装なしの状態でそびえ立っています。少しずつ変わって行ったので、普段はあまり意識していませんでしたが、身近なところで変化は絶えず起きているのですね。

私はどちらかというと状況の変化に左右されやすい性格です。気づいていない時は関係ないのですが、いざ変化を意識しだすとそのことばかりが気になってしまいます。しかし街並が変わり続けていき、住人や街を往来する人々も当然入れ替わっていく現実を見つめるなら、私個人がどうこうできる事は本当に少なく、故に変に一喜一憂していてもしょうがないのだと考えさせられました。特に教会の働きにおいては上記のみことばにある通り「時が良くても悪くても」、「みことばを宣べ伝えなさい」と神様から明快な使命が与えられていますから、状況の良し悪しの方にばかり目を向けず、あまり考えすぎないで、今できることを精一杯していきたいと思いを新たにしました。

(文=加藤信行 伝道師)


[ 今週のトピックス一覧に戻る ]