牧師室から

牧師紹介

牧師・松本俊雄

1946年栃木県生まれ。18歳で進学のため上京。19歳の時、教会に導かれ信仰を持つ。

大学卒業後、7年間民間の会社に勤め、その後小学校教員となる。 34歳で献身し、単立バプテスト聖書塾で学ぶ(夜間)。

1981年より東京都町田市で開拓伝道、単立町田バプテスト教会を設立、2007年教員を定年退職。 2008年より、町田わかくさ保育園理事長に就任。現在に至る。 家族は妻、息子(社会人となり現在独立)


メッセージ

「挫折や失敗を感謝して生きる」

青年時代、挫折や失敗を多く経験をし、生きる希望を失っていました。 そんな中で、興味本位で立ち寄った教会で、聖書の話を聞きました。聞いて驚きました。 聖書に出てくる人物は皆、挫折や失敗をした人ばかりでした。アブラハムもモーセもダビデも、 12弟子のリーダーであったペテロさえも、イエス様が捕えられた時3回も 「こんな人は知らない」と否定しました。ところが、彼らは信仰によって見事に立ち直り、世界を動かす人になりました。

「私が弱いときにこそ、私は強いからです。IIコリント12:10」

聖書に上記のような不思議なことばがあります。私は世界を動かすような人ではありませんが、青年時代の挫折や失敗をして良かったと感謝して毎日生活しています。ぜひ教会に来られてそんな人生を知って戴きたいと願っています。


l>